熊野古道修繕

2013年度が悪天候で3度の中止を余儀なくされたため約1年8か月ぶりの修繕作業となりました。今回のエリアは、前回と同じ熊野参詣道中辺路(水呑王子⇔伏拝王子)。
3tの土の運び入れと側溝の土砂の撤去。作業開始後に雨に見舞われ、水を含んだ土砂は重みを増し、思いの外、過酷な作業となりましたが、予定時間をはるかに上回るペースで作業を完了。
作業を終えたメンバーの顔は、充足感に溢れていました。また前回、整備した側溝や横断溝に、雨水がしっかり流れていたことを確認できたのはうれしい収穫となりました。
Close