チビ山の楮から和紙をつくる

2016年3月16日

楮の植樹は、季節的に3月中に行うのがもっとも最適なので、山主さん、和紙職人、高校教諭と財団職員の6名で約20本の苗木を植樹しました。

当日は、前日の雨も上がり、うす曇りの天候の中、土も必要な水分を含んだ絶好のコンディションで作業を行いました。元気に育ってくれることを祈り、また、これからは獣害やいたずら対策なども講じなければならないことを確認し合い、作業を終えました。
Close