寄居町有林 ~ 150m-200m 整備

11月6-8日の3日間で、1,500㎡を行いました。

【感想】
施行前の写真からはわからないが、150m地区(円良田湖より)には、径40cm超の桜の倒木があり、その処理に手間取りました。
※地元の方から聞くと、2年前の台風で倒木したとのこと。

その桜の木は2年経っても芯まで腐食しておらず、かつ径20cmのつるで巻きつかれていることから、チェーンソーを使うにしても、上から刃を入れると同時に下からも刃を入れなければならず(チェーンが挟まれるため)、非常に時間がかかりました。また桜の木は、硬くて重く、輪切りしてからの安全な場所への移動にも一苦労。

強度があって傷がつきにくいという高級建材としての桜の価値を生産者視点でも学ぶことができました。(職員 高谷)

■達成度:150m~280m(130m区間)、奥行35m ・・・ 4,550平方メートル
Close