寄居町有林 ~ 農業博士の視察

農業博士(埼玉県所沢市)の方が現場視察で訪問しました。

【内容】
(1)鉢形城跡近くの針葉樹林の整備状況
(2)円良田湖ハイキングコースの整備状況
(3)円良田湖ハイキングコースの沢整備(実習)

【感想】
(1)の針葉樹林の整備ではその伐採本数に驚かれていました。
整備の方向性なりも確認いただき、非常に熱い意見交換ができました。
(2)のハイキングコースでは、斜面の勾配や規模に驚かれ、かつ整備していない箇所と
整備した箇所との比較から、『日射しが入り、非常に明るくなった。頑張ったね』と
評価して頂きました。

農業博士から『かつて“炭焼き”が行われていたのでは?』と聞かれましたが、私たちでは分りません。途中から寄居町住民の方も合流したので伺うと、実際に行っていたとのこと。お二方から、窯跡だけでなく、かつての里山生活について色々学ぶことができました。

3月に予定していた(3)沢の整備を今日やろう!となり、実施することに。
流木を沢から斜面に引き揚げ木に掛け、倒木はある程度の長さに玉切りし、
コレも木に掛け沢に再度落下しないように整備。

遮っていた木片や朽ち木を取り除くと分散されていた流れが、本来の流れを取戻し、
流量も多くなったように感じられます。作業終盤、差し掛かった西日が沢に射し込む様は、荒れていた沢とは見違え、何もなかったかのように清らかに振舞います。
自然の大きな流れに、我々の整備がはじめから組み込まれていたかのように。
Close