メニューを開く

収穫風景

耕した田んぼからの収穫です

まさにことわざ通り ~ 実るほど頭を垂れる稲穂かな ~

稲刈り鎌(鋸鎌)はその名の通り、刃先がノコギリ状になっています。根本から刈り、数株を束ねて畦に重ねていきます。

稲刈り収穫

最近では、稲刈りから脱穀までをコンバインで行いますが、私たちは稲刈り鎌(鋸鎌)を使い手作業で刈っていきました。刈った後の土は除草剤などを使用していないため、野草が多く生えています。

田植えは心を育てます

自分で植えた稲を刈り取る収穫

稲木で天日干しにし乾燥させ、脱穀を行えばひと段落。
休耕田を活用しようという動きが活発化してきました。各地で水田に関する様々な取り組みや体験が芽生えています。ご参加されてみてはいかがでしょうか。



関連記事


\ さわかみ財団の活動をシェア /

メールマガジンに今日 登録しましょう

さわかみ一般財団法人の活動報告や「より良い社会」「もっと面白い世の中」に気づける情報をメールマガジンで配信しています(不定期配信)。ぜひ、ご登録ください。