メニューを開く

熊野古道修繕 第1回

活動日:2011年2月20日

世界遺産を守る大切な作業

熊野古道修繕

傾斜の激しい参道は、長年の雨風により徐々に土が流されて景観や歩行者の安全を損ないます。

記念すべき熊野古道修繕作業の1日目!

ひたすら林の中を土を運んでいきます

今回の修繕作業では水呑王子⇔伏拝王子間の山道に、総重量4トンの土を各々が土嚢に入れて背負って運びました。

雨水の流れる溝を補強する

雨水によってその土が流れない様に、間伐材を利用した側溝を設けた上で、雨水の流速を弱める為に、側溝に石を敷き詰めて整備しました。

熊野古道修繕作業は4トンの土を使いました

身体が動かなくなるほどの重労働



関連記事


\ さわかみ財団の活動をシェア /

メールマガジンに今日 登録しましょう

さわかみ財団の活動報告や「より良い社会」「もっと面白い世の中」に気づける情報をメールマガジンで配信しています(不定期配信)。ぜひ、ご登録ください。