研修報告 2013年8月

「微細藻類を新たな『はたけ』の『こめ』にしたい。」

あるベンチャー企業の社長の言葉です。過去の延長線上に無い発想がイノベーションそのものです。
具体化した実証実験が上記の写真です。「これだったら何とかできるのではないか?」そういう期待感を抱きませんか?
実際に圃場で藻を培養するのは農家の皆さんです。
現場の方々に金銭的にも労力的にも過大な負担を強いない施設を開発できているかどうか?
それが開発の思想であり、ベンチャーのこだわりなのです。
8月は実験室をのぞかせていただいて、ベンチャー企業の育ててきた要素技術について知見を深めました。