メニューを開く

チビ山の楮から和紙をつくる 2回目

人のため、山を美しく整備する
楮の植樹は、季節的に3月中に行うのがもっとも最適なので、山主さん、和紙職人、高校教諭と財団職員の6名で約20本の苗木を植樹しました。

当日は、前日の雨も上がり、うす曇りの天候の中、土も必要な水分を含んだ絶好のコンディションで作業を行いました。

元気に育ってくれることを祈り、また、これからは獣害やいたずら対策なども講じなければならないことを確認し合い、作業を終えました。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider


関連記事


\ さわかみ財団の活動をシェア /

メールマガジンに今日 登録しましょう

さわかみ一般財団法人の活動報告や「より良い社会」「もっと面白い世の中」に気づける情報をメールマガジンで配信しています(不定期配信)。ぜひ、ご登録ください。