メニューを開く

上智大学経済学部FDセミナーで経済ゲーム

2017年3月1日、上智大学経済学部FDセミナーで経済ゲームを実施しました。

上智大学では、上智フューチャーセンターはじめ未来をつくるための様々な取組みをされています。
今回は大学のFD*活動として実施しましたが、先生方の教育に対する姿勢に圧倒された時間となりました。
※FD(Faculty Development)とは、大学教育の質的な向上などを目的とした組織的な取組。

ゲームご参加は計12人。1チーム6人、計2チーム
大学にて経済学、法学、社会科教員育成等の研究教育に携っている先生6人、院生・大学生3人。上智卒業生3人が参加し、サポート役2人(弊グループ社員)。ご自身で経済・金融等のゲームを開発され、授業でも新しい取組みをされている先生がお集まりくださいました。

シンプルで単純化したゲームにもかかわらず、経済・教育の視点でゲームをしてくださいました。

ゲーム後の意見交換会では、ゲームや活動全体に関わる、具体的で貴重なアドバイスをいただきました。
今後の活動指針となる重要な内容で、専門分野だけでなく教育の在り様も含め学ぶことが多い貴重な時間でした。

心に響いたアドバイスの一例です。これから先も立ち返る原点を教えていただきました。
・自らの体験を通じて学ぶ教育法は、子ども達自身にその体験から実感し、気付いてもらうことが大事。
・考えてからやる事も大事だが、まずやってみる。その結果失敗しても、その後考え、色々試し、経験から知る。その過程が大事、それが学習。

主催の上智大学川西諭先生は、温かなお人柄と、社会に対する優しい眼差しを持ち様々な活動をされています。
このような機会をいただき心から感謝いたします。この時間で得た学びを今後に活かしていきます。

川西諭先生、ご参加の先生方、力を貸してくれた弊グループ社員の皆さん、ありがとうございました。

 



関連記事


\ さわかみ財団の活動をシェア /

メールマガジンに今日 登録しましょう

さわかみ一般財団法人の活動報告や「より良い社会」「もっと面白い世の中」に気づける情報をメールマガジンで配信しています(不定期配信)。ぜひ、ご登録ください。