メニューを開く

セカンド・ハーベスト・ジャパン キッズカフェで経済ゲーム

2017年7月29日、セカンドハーベスト・ジャパンのキッズカフェ(子ども食堂)で経済ゲームを実施しました。

セカンドハーベスト・ジャパンは、2002年の活動開始から今年で15年を迎える日本初のフードバンクです。
賞味期限の接近や外装の不具合など商慣習等の様々な理由で一般市場に出すことができなかった食品を必要な人に届ける活動をしています。
今年春からキッズカフェをオープンし、勉強と食事の場や子どもと親御さんの居場所として週3回開催されています。

2hj キッズカフェ 全体

小2、小5、中1の3人が参加してくれました。

小さな部屋でおこなうためプロジェクターを使用せず紙芝居を用意しました。

前半は一番シンプルなルールで行いました。ルール説明の最初の時点で既に全体像を把握している様子で3人とも積極的な動きをしていることから、途中でルールを追加し難易度を上げました。

難しくすると3人共やる気が増し、売買交渉に熱心になっていました。小2の子は大きな子を真似たり、大きな子は小さな子に教えてあげたりしていました。

キッズカフェ ゲームの様子

キッズカフェ ゲームの様子

一旦おやつ休憩し、後半は中高生向けの基本ルールで実施しました。互いに全体をよく見て先のことを考えて行動しており頼もしく感じました。
中学生で使用する漢字を使っていましたが、マンガで見慣れた漢字があるということで小2の子も物怖じせず漢字を読むことにチャレンジしていました。

最初はザワザワしていましたが徐々に楽しくなった様子で、結局 合計2時間ゲームに集中しました。

ゲーム後、そばで見守っていた親御さん2人から「楽しそうにゲームをしていて、子ども達の理解度の早さに驚きました」という言葉をいただき、親子で「経済ゲーム」について話している様子を拝見して嬉しく思いました。

安心して子ども達が思ったことを発言し表現し、自分で自分の進む道を見つける力をつけれるよう、皆さんと共にゆっくり歩んでいきたいと思います。

参加してくれた子ども達、見守ってくれた親御さん、親身のサポートをしてくださった2HJキッズカフェ担当の横山侑子さん、ありがとうございました。

 



関連記事


\ さわかみ財団の活動をシェア /

メールマガジンに今日 登録しましょう

さわかみ一般財団法人の活動報告や「より良い社会」「もっと面白い世の中」に気づける情報をメールマガジンで配信しています(不定期配信)。ぜひ、ご登録ください。