メニューを開く

愛知サマーセミナーで経済ゲーム

2018年7月16日(月祝)、愛知サマーセミナーで経済ゲームを実施しました。
記録的な猛暑の中、高校生4人と社会人4人の計8人参加してくださいました。

今回のゲームのテーマは「資源の最適な配分」と「お金に意思をのせる」です。

ゲームは2回行い、1回目はゲームに慣れること、2回目はミッション追加をして経済の本質に触れることを目的としました。状況の変化に対応し全体をみて配分を考えることや、相手や先のことを考えて行動を選択することを楽しまれている様子でした。お互い初対面ということもあり最初は遠慮がちでしたが、徐々に自分の意思を互いに伝え交渉していました。自分の意見を言いやすいのはカードゲームの長所と言えます。

今回、互助の精神を再現する「保険カード」を追加しました。互助か負担調整か、状況によってこのカードの扱いが異なりました。「もしもの時の備えがある」安心感により思い切って交渉がされていました。

このゲームでは、全体を見渡せるよう小さくシンプルな経済をつくります。お金が関わる場面で、自分と社会・経済との関わりを客観視する機会はあまりないと思いますが、参加者の皆さんは自分と全体(社会・経済)の関わりを意識してゲームをされていました。

2016年と同様、子育て応援コミュニティ「mama*co」を運営されている長谷川さゆりさんが当日運営を手伝ってくださいました。あたたかなサポートに心よりお礼申し上げます。

ご参加の皆さま、サポートいただいた長谷川さゆりさん、愛知サマーセミナーの皆様、ありがとうございました。

今回いただいたアンケートです。(一部抜粋)

・楽しかったです!「お金に意思をのせる」生産、分配、消費の行動を学べると思います。(次やるなら)5ターン以上やってみたい。ルールの拡張性がありそうだと思いました。
・よく考えられているゲームだと思います。時間的には、もう少しあった方がいいですね。2時間で途中休憩を入れたらいいのでは。
・ゲームをして、全体を見る事が大事なことを知りました。1人の方がもうかっていない店にお金を流したため、経済がつぶれずまわりました。安売りばかり買わず、地域を大事にしていきたいと思います。ありがとうございました。
・経済についてしっかりゆっくり考えたことは今までなかったので、よい機会になった。難しかったけど、おもしろかった。
・どんな事が起きるか予想するのが大切だと感じました。ミッションにはどんなものがあるか予想していたが「弁当4枚」は考えてなく、(他の人のミッションを想定して行動を)考える事が難しかった。中学生・高校生・20代・50代のようにメンバーを変えて、見たいと思った。経済ゲームがもっと増えて、もっと身近になってほしいと思った。目的別の経済ゲームが様々あっていろいろ知りたいと思った。今日はありがとうございました。
・経済は身近なもの。ひとの生活をささえるもの。生まれたときから経済にかかわっていることがわかった。

20180716_2
20180716_3
20180716_4
20180716_5
previous arrow
next arrow
20180716_2
20180716_3
20180716_4
20180716_5
previous arrow
next arrow


関連記事


\ さわかみ財団の活動をシェア /

メールマガジンに今日 登録しましょう

さわかみ財団の活動報告や「より良い社会」「もっと面白い世の中」に気づける情報をメールマガジンで配信しています(不定期配信)。ぜひ、ご登録ください。