メニューを開く

みんなのサマーセミナーin尼崎で経済ゲーム

8月4日(土)、みんなのサマーセミナーin尼崎で経済ゲームを実施しました。

参加者は子ども13人・大人12人の計25人。
初めての満員御礼です。夏休みということもあり友達と一緒にきた小学生・親子・ご家族がご参加くださいました。

授業は「限りある資源をどう分けて使うか(資源の最適配分)」を軸に組み立てました。

50分と短い時間でしたが、値段交渉やイベントカード投入・商品カード変更など変化をつけて行いました。子ども達はスムーズに変化に対応し、段階を踏むごとに盛り上がりもヒートアップしました。

このゲームの特徴は、自分・相手・全体を見て視野を変化させ、「自分の行動が全体や先々にどう影響するか」を考えることです。
小学校低学年のお子さんも、まわりを見ながら自分の意思を伝えゲームをしていました。

今回は2つの新しい試みをしました。
1つ目は経済学の要素をゲームにとりいれ、「けいざいがく」を自然に学べるように工夫しました。
2つ目は小さな子向けと大人向けのメッセージを並記し、多世代が楽しめるにしました。

猛暑の中、金融投資教育マネ育🄬の活動をされている西岡奈美さんがご家族4人でサポートに駆けつけてくださいました。また、参加者の皆さんにも準備や後片付けを手伝っていただきました。

子どもも大人もご参加の皆さんから「楽しかった、またやりたい。」「ゆっくり時間をとってやりたい」と感想をいただきました。

「まちにまなびをまきおこす」コミュニティーづくりのお役に立てれることがとても嬉しく思います。ご参加いただいた皆さま、尼崎サマセミの皆さま、西岡家の皆さん、ありがとうございました。



関連記事


\ さわかみ財団の活動をシェア /

メールマガジンに今日 登録しましょう

さわかみ一般財団法人の活動報告や「より良い社会」「もっと面白い世の中」に気づける情報をメールマガジンで配信しています(不定期配信)。ぜひ、ご登録ください。