みんなのサマーセミナーin尼崎で経済ゲーム

8月4日(土)、みんなのサマーセミナーin尼崎で、経済ゲームを実施しました。

2年前は参加者として、昨年と今年はセンセイとして参加しました。毎回、まちの巻き込み度合が高まり、年々、「みんなの」サマセミになっていると実感します。

参加者は、子どもさん13人、大人12人の計25人。おかげさまで奇跡が起きました!この活動をして初めての満員御礼‼夏休みということもあり、お友達と一緒に来てくれた小学生、親子、ご家族が、ご参加くださいました。

1コマ50分、年齢制限なし。今回は「小さなお子様は親子連れでどうぞ」で、参加したい人は「みんな」参加できるようにしました。時間が短いこともあり、ゲームは1回のみ。授業のテーマは、「けいざごっこであそびましょ~けいざいってなに?」です。今回は、資源最適配分を考えることを軸に組み立てました。

50分と短い時間でしたが、一緒に「けいざい」と向き合い、考える時間を過ごしました。自由交渉スタート→イベントカード投入→カードをお菓子に変更 と段階を踏むごとに、盛り上がりもヒートアップ!
事象や行動から生まれる気持ち、感性は、子どもも大人も同じです。理解度は、相手の理解できる言葉を使い、話しているかという話し手側によるところが大きいと感じます。当方の言葉選びが対応できてない部分もありましたが、小学校低学年の小さなお子さんは兄弟姉妹、親御さんにサポートいただきながら、自分で考えて行動していました。

残念ながら時間切れで、イベントカードの佳境を迎える前に、終了。ゲームは途中でゴールとしました。それぞれの年齢に応じて、しっかり内容を理解し、楽しんでゲームをしていました。
今回、時間切れで実施できなかったイベントカードは、お金を持っている人が不利な状況になったり、人との関係性が交渉に左右する内容を設定していました。最後の結びを伝えて、終了チャイムが鳴りました。「他にイベントカードがどんなものがあるか知りたかった」と小学生が言ってくれました。たしかに!!次回は、この後どんなことが起こって、どういうことを考えて欲しいか、実施できなくても伝えるようにしようと思います。貴重なフィードバックをくれた小学生に感謝です。

このゲームの特徴は、自分、相手、全体を見て、「自分の行動が全体や先々にどう影響するか」を考えることです。この点が、面白くもあり、難しくもあります。その難しいことに、おとなもこどももみんなで楽しみながらチャレンジしてくださいました。

今回は3つの新しい試みをしました。
1つ目。経済学の要素を日常生活とゲームに置き換え、自然に「けいざいがく」を体験いただけるよう工夫しました。これは、数か月前の5月に尼崎で実施した際、駅までの帰り道に頂いたアイデアでした。「経済学の要素を押しつけがましくなく、自然に学べたらいいね。」実施10日前に、このアイデアを組み入れたいと思い立ち、プログラムを作成し直しました。
2つ目、ひらがな組と、漢字組の世代がみんなで同時に楽しむ工夫です。小学校高学年以上の通常メッセージと、小学生低学年用のひらがなメッセージを用意し、全てにルビを打ちました。多世代で実施することも想定しているので、今後に生かせる試みです。
3つ目。50分という短い時間にまとめました。より視覚で分かりやすく伝えることを大事にしました。いつかは学校でと思っているので、学校授業1コマを意識するよい機会になりました。

猛暑の中、西岡奈美さんがサポートに駆けつけてくださいました。西岡さんは、女性2人組で、小学生や教職員に向けて、お金の役割+本質を伝える、「生きる力」を学ぶ=マネ育の活動をされています。相変わらずのドタバタでしたが、普段からセミナー開催されている西岡さんの心強いサポートで、時間内に準備をすることが出来ました。お忙しい中、ご家族4人でご参加くださり、温かいお気持ちに心よりお礼申し上げます。

ご参加の方全員で、準備や後片付け、掃除まで、一緒に行いました。大人も子どもも皆さん、自発的に動いてくださり、ただただ感謝です!
子どもも大人もご参加の皆さんから「楽しかった!」「またやりたい!」「さいごまでやってみたい!」「ゆっくり時間をとってやりたい」など、おっしゃっていただきました。今回も実施しながら改善点が沢山みえたので、いただいたフィードバックと併せて、次回はより良いモノになるよう、丁寧に1つずつ改良していきます。

ご参加くださった皆様、授業を見守ってくださった皆様、西岡さん、この度は本当にありがとうございました。
おかげ様で、みんなで経済と向き合う時間を過ごすことが出来ました。
申し訳ないとありがたいの両方ですが、定員で参加できなかった方もいらっしゃったので、また尼崎で実施する機会を作りたいと思います!
尼崎に行くたび、たくさん学ばせていただいてます!そして、素晴らしい出会いがあります!これからも、「まちにまなびをまきおこす」お役に立てればうれしいです!「こうやって、みんなで未来はつくっていくんだ!」と実感した時間となりました。ありがとうございました!

previous arrow
next arrow
ArrowArrow
Slider