メニューを開く

いのちの教室 活動報告【2月27日】

2月27日(水)に「いのちの教室」を開催しました。
当日は約30人がご参加くださいました。

「いのちの教室」とは、いざという時に大切な人のいのちを守れるようAEDを使った心肺蘇生法を習得し、いのちを大切にする心を育む活動です。
アスリートセーブジャパン(ASJ)がおこなっている活動で、活動に共感したアスリートと共に全国をまわり本活動をされています。

この度、さわかみ一般財団ではアスリートセーブジャパン(ASJ)の活動に賛同し、1人でも多くのいのちが守られることを願い「いのちの教室」を開催いたしました。

当日は、バルセロナオリンピック(平泳ぎ200m)の金メダリストである岩崎恭子さんが、ゲスト講師として駆けつけてくださいました。

前半は、ASJ代表理事の飯沼誠司さんとASJアンバサダーの岩崎恭子さんによる「いのちの教室」です。

いのちの教室 AED実技練習

心臓突然死の現状やその後の対応を映像を見て学習したのち、心肺蘇生トレーニングツールを使い胸骨圧迫とAED(自動体外式除細動器)の使用方法について練習しました。実践を想定し床に膝をつき、皆さん真剣に心肺蘇生を行いました。

いのちの教室 講師2人のお話し

飯沼さんはライフセーバー、岩崎さんは水泳と共に水にかかわる競技における元日本代表のトップアスリートです。講師のお二人から、ご自身の経験から実感している心肺蘇生の現場で注意すべきポイントと自分たちでいのちを守る大切さについてお話しがありました。

いのちの教室 岩崎恭子さんトークイベント

後半は、岩崎恭子さんのトークイベントです。
アスリートの苦悩や喜び、その経験から学んだことなどお話しくださいました。アスリートとしての凛とした強さと子育て中の母親の優しさを感じるお話しに、参加者一同大いに盛り上がった時間となりました。

「また機会があれば参加したい。ありがとう。」と、参加者の皆さんが大満足の笑顔でお帰りいただいたことが、何よりうれしかったです。
ご参加くださった皆さま、素晴らしいお話をしてくださった岩崎恭子さん、ASJの皆さまありがとうございました!

いのちの教室 岩崎恭子さんと集合写真



関連記事


\ さわかみ財団の活動をシェア /

メールマガジンに今日 登録しましょう

さわかみ一般財団法人の活動報告や「より良い社会」「もっと面白い世の中」に気づける情報をメールマガジンで配信しています(不定期配信)。ぜひ、ご登録ください。