メニューを開く

友ヶ島の清掃活動|2019年4月12日(金)

友ヶ島の清掃活動を実施しました。

和歌山市の加太港から船に乗って約15分で友ヶ島に到着。

45リットルのゴミ袋、約30袋の漂着ゴミを清掃。
漂着ゴミは、日々海岸に流れ着くので拾っても拾ってもゴミは海岸に溜まっていきます。

海に捨てられたゴミだけではなく、川から流れるものや風に飛ばされて海に落ちたゴミなどがほとんどで、友ヶ島で捨てられたゴミではありません。友ヶ島の自然を取り戻す活動を通して、自分たちが捨てているゴミへの意識が高まり、自然に還ることができない「ゴミ問題」を参加者それぞれが感じたのではないでしょうか。

漂着ゴミの多さに驚くのはもちろんですが、美しい海と景観に自然と笑みがこぼれ、写真では辛く見える清掃作業も参加者全員が笑顔で活動できました。



関連記事


\ さわかみ財団の活動をシェア /

メールマガジンに今日 登録しましょう

さわかみ一般財団法人の活動報告や「より良い社会」「もっと面白い世の中」に気づける情報をメールマガジンで配信しています(不定期配信)。ぜひ、ご登録ください。