メニューを開く

けいざい地図③|2HJキッズカフェ

4月20日 セカンドハーベストジャパン・キッズカフェ(子ども食堂)で「けいざい地図をつくろう③」を開催しました。
今回の題材は「ジャガイモ」です。
ジャガイモから仕事・人・モノを連想し、ジャガイモを作るためにどんな沢山の人たちがかかわっているのか見ていきました。

けいざい地図 様子

「ジャガイモが欲しい時ってどうする?」

近所のスーパーで買う…
レジを打つ人、バーコード読み取り機・運送業者・トラック・車のメーカー・タイヤ・エンジン・ガラス・ワイパー・シートベルト・座席・ハンドル・ライト・ペンキ…ボテトチップス・カレー・ハンバーガーショップ・コロッケ・お肉屋…農家・種いも・農地・山・エベレスト・リュック・鍬・長くつ…北海道・カナダ・バター・塩・塩が取れるところ(塩田)・名前に塩の字が入ってるクラスメイト…

参加者の中に、スポーツとラップが好きな小学生がいました。
序盤の連想ではラップ歌手の名前などたくさんの固有名詞が出て、
イベント終盤は外側からみえない部分の連想が出てきました。
その一例をご紹介します。
【序盤】
・食べる>→「ハンバーガーショップ名」
・運ぶ>トラック→「車のメーカー」→「社長」「金持ち」→「好きなラッパー」「スポーツ選手」
【終盤】
・運ぶ>トラック→「タイヤ・エンジン・ガラス・ワイパー・シートベルト」
・農作>→「北海道」→「バター」→「塩」→「塩がとれるところ(塩田)」

けいざい地図 全体

短時間で変化する子どもの柔軟性に、大人が刺激をもらいます。
この1時間で約70コの連想が出ました。

このプログラムをすると、その子が何に興味があるのか分かるのが面白く、子ども自身も発想が溢れてくるのを楽しんでいます。この時間が、広く遠く深く見て考える練習になればうれしく思います。

ご参加いただいた皆さん、サポートいただいた幸田さん、ありがとうございました。
(一部写真は2HJ kidscafeよりご提供いただきました。)



関連記事


\ さわかみ財団の活動をシェア /

メールマガジンに今日 登録しましょう

さわかみ一般財団法人の活動報告や「より良い社会」「もっと面白い世の中」に気づける情報をメールマガジンで配信しています(不定期配信)。ぜひ、ご登録ください。