メニューを開く

いのちの教室 活動報告【12月11日】

12月11日(水)に「いのちの教室」を開催しました。

今回は、特別講師としてビーチバレーボールの大山未希さんがお越しくださいました。

「いのちの教室」は、今回で6回目の開催です。

前半は、アスリートセーブジャパンさんと大山さんによる「いのちの教室」です。

 

目の前の人が倒れた場面を想定し、発見・協力要請・119番通報~胸骨圧迫・AED使用と、一連の流れを繰り返し練習します。

119番通報では、救急情報センターとの電話のやりとりを、ガイドに沿って声に出して練習しました。

1つ1つの行動を確認しながら、皆さん全身を使い行います。

参加者のお一人は、最近職場で身近な人がAEDを使ったということで、
「いつ起ってもおかしくないこととして、いざという時に対応できるようにしたい」とおっしゃっていました。

後半は、大山未希さんのトークイベントです。

大山さんは、通算19回日本一というバレーボール界でも稀有なトップアスリートです。
小中高全国大会優勝、全日本ユース代表、全日本ジュニア代表選出、2004年-2010年東レ・アローズで Vプレミアリーグ3連覇、ビーチバレー転向後も国体優勝され、常にトップを走り続けてきました。現在は、東レの社員としてキャリアを積み、同時に、子ども達へのスポーツ教育活動も行われ、ますます活躍の場を広げられています。

モデレーターの澤上龍より、幼少・学生時代のお話しを、様々な角度で徐々に掘り下げる質問から始まりました。

Q&Aでは、トップアスリートの方や子どもスポーツチームのコーチの参加もあり、様々な質問が出ました。
子どもの頃から学生時代、プロ選手として活躍した頃、現在までと、これまでのアスリート人生のすべての時代において、経験から学んだこと考え方、ものごとのとらえ方など、、、

大山さんは、ご自身の経験を振り返りつつ、様々な質問に1つ1つ丁寧に答えてくださいました。トップでずっと走ってきたからこそ体験したこと、キャプテンとして心掛けたこと、仲間としてライバルとしてどう向き合ったか、どう困難を乗り越えたか、キャリア形成、人にモノを言うことなど、、、自分の考えていること、感じたこと、経験したことを、かざることなく真っ直ぐに語ってくださいました。

今回、大山さんから「ポジティブ」という言葉をいただきました。今まさに、ご自身のアスリート人生の経験を最大限活かし、現在の職場や子どもスポーツ教育で活躍されており、「たいへんな経験があってよかった、と心から思う。全て何かにつながっている。」とお話しくださいました。

「アスリートの方の貴重な経験談や考えを聞けて良かった。」「お話しとてもおもしろかった!」「AEDの使い方はとっさにできるものではないので、何度も練習したのは良かった。」「AED講習も定期的に受けたい」など、参加者の皆さまから感想をいただきました。

ご参加くださった皆さま、素晴らしいお話をしてくださった大山未希さん、ASJの皆さまありがとうございました!

 

 



関連記事


\ さわかみ財団の活動をシェア /

メールマガジンに今日 登録しましょう

さわかみ財団の活動報告や「より良い社会」「もっと面白い世の中」に気づける情報をメールマガジンで配信しています(不定期配信)。ぜひ、ご登録ください。