楮(コウゾ)を植樹し伝統産業の原料につなげる!

埼玉県小川町は伝統産業の「和紙」が有名です。チビ山プロジェクトで紹介しましたが、私たちは「楮(コウゾ)」を植樹し、原料提供を行えるべく進めています。
縁があり“久保昌太郎和紙工房”の久保孝正さんと打ち解ける中、今回特別に和紙づくりの工程の一つ『原料処理』を体験させて頂くことに。築100年近くなる工房にて伝統産業の精緻さを理解する“はじめの一歩”となりました。

【和紙製造 工程】
(1)原料調達⇒(2)原料処理⇒(3)煮熟⇒(4)打解・叩解⇒(5)紙漉き⇒(6)圧搾⇒(7)乾燥⇒(8)選別・加工

【原料処理】
・蒸煮:原木を切り分け束にし 、釜で約2時間蒸す。蒸しあがったら流水に浸し、木から皮が剥がれやすいよう処理。
・剥皮:蒸しあがった楮から外皮だけを剥ぎ取る。剥ぎ取られた皮は、完全に乾燥するまで天日干しにする。
・楮ひき:楮の皮は外側から順に「黒皮」「甘皮」「白皮」という三層で構成され、一般的に「白皮」が紙の原料繊維となる。