メニューを開く

いのちの教室【4月24日開催】

AEDを知る

「1人でも多くの人に心肺蘇生方法を伝えたい」「1人でも多くの人に安全な環境の下、スポーツを楽しんでほしい」「万が一事故が起こっても誰もが冷静に対処できる環境を作りたい」そんな想いで活動している『ATHLETE SAVE JAPAN』より特別講師を招いて「いのちの教室」を開催します。

より多くの方に心肺蘇生法を知ってもらうのはもちろん、アスリートのみなさんから「夢」や「挑戦」について語っていただき、「生きること」について一緒に考える場になればと思います。

・前半:突然死を知り、心肺蘇生法を知る(AED 実技練習)
・後半:特別ゲスト 巻誠一郎さん 講話

【内容】いのちの教室 巻誠一郎さんトークセッション
【会場】さわかみ投信 (2階大会議室)
〒102-0082 東京都千代田区一番町29-2 進興ビル
【日時】4月24日(水) 19時~21時

申込み、詳細はこちら
https://sawakami.org/inochi

いのちの教室

AEDを知る

「1人でも多くの人に心肺蘇生方法を伝えたい」「1人でも多くの人に安全な環境の下、スポーツを楽しんでほしい」「万が一事故が起こっても誰もが冷静に対処できる環境を作りたい」そんな想いで活動している『ATHLETE SAVE JAPAN』より特別講師を招いて「いのちの教室」を開催します。

より多くの方に心肺蘇生法を知ってもらうのはもちろん、アスリートのみなさんから「夢」や「挑戦」について語っていただき、「生きること」について一緒に考える場になればと思います。

・前半:突然死を知り、心肺蘇生法を知る(AED 実技練習)
・後半:特別ゲスト 岩崎恭子さん 講話

【内容】いのちの教室 岩崎恭子さんトークセッション
【会場】さわかみ投信 (2階大会議室)
〒102-0082 東京都千代田区一番町29-2 進興ビル
【日時】2月27日(水) 18時45分~20時半

申込み、詳細はこちら
https://sawakami.org/inochi

お金のさんかく 経済のしかく

机上で経済の動きを再現できる、「経済ゲーム」で人とお金、お金と社会、これからの社会を考える勉強会を開きます。

「金は三欠く(さんかく)にたまる」ということばをご存知でしょうか?
「義理を欠き、人情を欠き、付き合いを欠くとお金はたまる。」というお金持ちを皮肉に思ったことばです。夏目漱石の有名な小説「吾輩は猫である」に登場する実業家の金田氏が唱えた説だと言われています。さて、その「さんかく」に貯めたお金は社会をどう変えていくのでしょうか?
買物でお金を使う時、自分がお金を手放した後、お金はどこにいくのでしょうか?自分が持っているお金も、自分が手放したお金も、一定期間使わなければ劣化するわけでなく、同じお金であることには変わりません。ですが、誰しも自分が所有しなくなった途端、関心が薄れてしまうのではないでしょうか。
お金は、所有者を変え、世界をめぐります。自分が手放したお金が巡り巡って、経済や社会にどう影響を及ぼすのでしょうか。

【タイトル】お金のさんかく 経済のしかく
【日時】2019年 2月20日(水)18:30~20:15
受付18:00 ~
【会場】さわかみ一般財団
進興ビル4F(リフレッシュスペース)
〒102-0082 東京都千代田区一番町29-2

終了しました

ボランティア募集:「友ヶ島 漂着物の清掃」4月12日

漂着物を無くし、島本来の美しい景観を取り戻せ!

紀淡海峡に浮かぶ南国の別天地、友ヶ島は、地ノ島、虎島、神島、沖ノ島の総称名です。沖ノ島には、要塞時代を偲ばせる砲台跡が点在。それらをめぐるハイキングコースも開かれています。一方、沖ノ島には周辺の都市からの多くの漂流物によって景観が損なわれています。もちろん島を訪れた際に残されたゴミもあります。
手つかずであったそれらのゴミを無くし、島を本来の姿に戻していく活動です。

活動日 2019年4月12日(金)
募集期間 2019年2月15日(金)
募集人員 6名 ※募集期間内でも、定員に達した場合は、募集を締め切ります。
集合解散場所 現地集合・現地解散になります。(和歌山県和歌山市加太)
詳細な集合場所・時間等は、お申し込み後に追ってご連絡申し上げます。
活動内容 1.可燃性漂着物・ペットボトル等の改修
参加費用 移動・宿泊・ボランティア保険加入等はご自身で行なっていただきます。自己負担となります事ご承知おきください。
但し、作業当日の昼食・友ヶ島汽船の乗船費用は当財団で負担致します。
活動参加条件および参加規則 ●当財団のボランティア参加規約に同意いただくことを条件とします。
●ボランティア参加者が高校生以下及び18歳未満の場合、必ず事前に保護者から参加同意書を提出してください。
●活動によっては、長時間の車移動、日中野外での活動などを伴います。活動内容を熟慮の上、ご高齢の方、妊娠中の方、疾患のある方、その他、健康に不安のある方は、事前に医師に相談してから、参加してください。また、事前に当財団へ申告をお願いします。
●基本的には、活動日に当財団の指定の場所・時間に集合していただき、ボランティア活動に参加してください。その際、集合・解散場所への往復の交通費は自己負担となります。
●ボランティア活動参加時は、当財団ならびに協力団体のルール・指示を遵守し、責任感、協調性を持ち、進行に協力してください。
●活動時の写真や映像の著作権および肖像権は、基本的には当財団所有となり、広報活動などで使用されることを事前にご確認、ご了承ください。
●活動時に、迷惑行為や損害・不利益、法令及び公序良俗に反する行為、および他の参加者を不快にさせる行為など、当財団がふさわしくないと判断した場合は、即時に活動を中止していただくことがあります。
●活動によって参加条件、規則が変更になる場合があります。
●天候や災害、交通状況など、不慮の事態により、活動直前または開始後に、作業内容や活動が変更・中止になる場合があります。

参加方法(ご興味のある方)

下記フォームにてご連絡ください。当財団から折り返しご連絡させていだきます。
また、参加希望日が複数ある場合は、お手数ですが繰り返しお手続きをお願いいたします。
活動内容に関するお問い合わせ・キャンセルは、 ご参加いただく活動日の1週間前までに volunteer@sawakami.org までご連絡ください。

募集は締め切りました

ボランティア募集:「世界遺産熊野古道の修繕」4月13日

世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の環境保全活動

古来から行われてきた参詣道の道普請、世界遺産でもある熊野古道の修繕・保全活動に参加しませんか?
さわかみ財団では2011年より、この「いにしえの道」の再生・修繕作業に取り組んでいます。
この日本の歴史に司る伝統的な自然保全活動「道普請」。 人力のみで行われる修繕作業は、過酷な作業ではありますが、一日作業を終えた後の充実感はひとしお!

活動日 2019年4月13日(土)
募集期間 2019年2月15日(金)
募集人員 6名 ※募集期間内でも、定員に達した場合は、募集を締め切ります。
集合解散場所 現地集合・現地解散になります。(和歌山県田辺市本宮町)
詳細な集合場所・時間等は、お申し込み後に追ってご連絡申し上げます。
活動内容 1.参詣道の維持補修活動(土入れ、横断溝補修及び清掃)
2.参詣道の清掃活動(ゴミ拾い、枯れ枝及び落ち葉除去)
3.参詣道周辺の環境保全活動(草刈り等)
参加費用 移動・宿泊・ボランティア保険加入等はご自身で行なっていただきます。自己負担となります事ご承知おきください。
但し、作業当日の昼食は当財団で負担致します。
活動参加条件および参加規則 ●当財団のボランティア参加規約に同意いただくことを条件とします。
●ボランティア参加者が高校生以下及び18歳未満の場合、必ず事前に保護者から参加同意書を提出してください。
●活動によっては、長時間の車移動、日中野外での活動などを伴います。活動内容を熟慮の上、ご高齢の方、妊娠中の方、疾患のある方、その他、健康に不安のある方は、事前に医師に相談してから、参加してください。また、事前に当財団へ申告をお願いします。
●基本的には、活動日に当財団の指定の場所・時間に集合していただき、ボランティア活動に参加してください。その際、集合・解散場所への往復の交通費は自己負担となります。
●ボランティア活動参加時は、当財団ならびに協力団体のルール・指示を遵守し、責任感、協調性を持ち、進行に協力してください。
●活動時の写真や映像の著作権および肖像権は、基本的には当財団所有となり、広報活動などで使用されることを事前にご確認、ご了承ください。
●活動時に、迷惑行為や損害・不利益、法令及び公序良俗に反する行為、および他の参加者を不快にさせる行為など、当財団がふさわしくないと判断した場合は、即時に活動を中止していただくことがあります。
●活動によって参加条件、規則が変更になる場合があります。
●天候や災害、交通状況など、不慮の事態により、活動直前または開始後に、作業内容や活動が変更・中止になる場合があります。

参加方法(ご興味のある方)

下記フォームにてご連絡ください。当財団から折り返しご連絡させていだきます。
また、参加希望日が複数ある場合は、お手数ですが繰り返しお手続きをお願いいたします。
活動内容に関するお問い合わせ・キャンセルは、 ご参加いただく活動日の1週間前までに volunteer@sawakami.org までご連絡ください。

募集は締め切りました

ボランティア募集:「友ヶ島 漂着物の清掃」11月9日

漂着物を無くし、島本来の美しい景観を取り戻せ!

紀淡海峡に浮かぶ南国の別天地、友ヶ島は、地ノ島、虎島、神島、沖ノ島の総称名です。沖ノ島には、要塞時代を偲ばせる砲台跡が点在。それらをめぐるハイキングコースも開かれています。一方、沖ノ島には周辺の都市からの多くの漂流物によって景観が損なわれています。もちろん島を訪れた際に残されたゴミもあります。
手つかずであったそれらのゴミを無くし、島を本来の姿に戻していく活動です。

活動日 2018年11月9日(金)
募集期間 それぞれの活動日の1週間前まで
募集人員 6名 ※募集期間内でも、定員に達した場合は、募集を締め切ります。
集合解散場所 現地集合・現地解散になります。(和歌山県和歌山市加太)
詳細な集合場所・時間等は、お申し込み後に追ってご連絡申し上げます。
活動内容 1.可燃性漂着物・ペットボトル等の改修
参加費用 移動・宿泊・ボランティア保険加入等はご自身で行なっていただきます。自己負担となります事ご承知おきください。
但し、作業当日の昼食・友ヶ島汽船の乗船費用は当財団で負担致します。
活動参加条件および参加規則 ●当財団のボランティア参加規約に同意いただくことを条件とします。
●ボランティア参加者が高校生以下及び18歳未満の場合、必ず事前に保護者から参加同意書を提出してください。
●活動によっては、長時間の車移動、日中野外での活動などを伴います。活動内容を熟慮の上、ご高齢の方、妊娠中の方、疾患のある方、その他、健康に不安のある方は、事前に医師に相談してから、参加してください。また、事前に当財団へ申告をお願いします。
●基本的には、活動日に当財団の指定の場所・時間に集合していただき、ボランティア活動に参加してください。その際、集合・解散場所への往復の交通費は自己負担となります。
●ボランティア活動参加時は、当財団ならびに協力団体のルール・指示を遵守し、責任感、協調性を持ち、進行に協力してください。
●活動時の写真や映像の著作権および肖像権は、基本的には当財団所有となり、広報活動などで使用されることを事前にご確認、ご了承ください。
●活動時に、迷惑行為や損害・不利益、法令及び公序良俗に反する行為、および他の参加者を不快にさせる行為など、当財団がふさわしくないと判断した場合は、即時に活動を中止していただくことがあります。
●活動によって参加条件、規則が変更になる場合があります。
●天候や災害、交通状況など、不慮の事態により、活動直前または開始後に、作業内容や活動が変更・中止になる場合があります。

参加方法(ご興味のある方)

下記フォームにてご連絡ください。当財団から折り返しご連絡させていだきます。
また、参加希望日が複数ある場合は、お手数ですが繰り返しお手続きをお願いいたします。
活動内容に関するお問い合わせ・キャンセルは、 ご参加いただく活動日の1週間前までに volunteer@sawakami.org までご連絡ください。

募集は締め切りました

ボランティア募集:「世界遺産熊野古道の修繕」11月10日

世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の環境保全活動

古来から行われてきた参詣道の道普請、世界遺産でもある熊野古道の修繕・保全活動に参加しませんか?
さわかみ財団では2011年より、この「いにしえの道」の再生・修繕作業に取り組んでいます。
この日本の歴史に司る伝統的な自然保全活動「道普請」。 人力のみで行われる修繕作業は、過酷な作業ではありますが、一日作業を終えた後の充実感はひとしお!

活動日 2018年11月10日(土)
募集期間 それぞれの活動日の1週間前まで
募集人員 6名 ※募集期間内でも、定員に達した場合は、募集を締め切ります。
集合解散場所 現地集合・現地解散になります。(和歌山県田辺市本宮町)
詳細な集合場所・時間等は、お申し込み後に追ってご連絡申し上げます。
活動内容 1.参詣道の維持補修活動(土入れ、横断溝補修及び清掃)
2.参詣道の清掃活動(ゴミ拾い、枯れ枝及び落ち葉除去)
3.参詣道周辺の環境保全活動(草刈り等)
参加費用 移動・宿泊・ボランティア保険加入等はご自身で行なっていただきます。自己負担となります事ご承知おきください。
但し、作業当日の昼食は当財団で負担致します。
活動参加条件および参加規則 ●当財団のボランティア参加規約に同意いただくことを条件とします。
●ボランティア参加者が高校生以下及び18歳未満の場合、必ず事前に保護者から参加同意書を提出してください。
●活動によっては、長時間の車移動、日中野外での活動などを伴います。活動内容を熟慮の上、ご高齢の方、妊娠中の方、疾患のある方、その他、健康に不安のある方は、事前に医師に相談してから、参加してください。また、事前に当財団へ申告をお願いします。
●基本的には、活動日に当財団の指定の場所・時間に集合していただき、ボランティア活動に参加してください。その際、集合・解散場所への往復の交通費は自己負担となります。
●ボランティア活動参加時は、当財団ならびに協力団体のルール・指示を遵守し、責任感、協調性を持ち、進行に協力してください。
●活動時の写真や映像の著作権および肖像権は、基本的には当財団所有となり、広報活動などで使用されることを事前にご確認、ご了承ください。
●活動時に、迷惑行為や損害・不利益、法令及び公序良俗に反する行為、および他の参加者を不快にさせる行為など、当財団がふさわしくないと判断した場合は、即時に活動を中止していただくことがあります。
●活動によって参加条件、規則が変更になる場合があります。
●天候や災害、交通状況など、不慮の事態により、活動直前または開始後に、作業内容や活動が変更・中止になる場合があります。

参加方法(ご興味のある方)

下記フォームにてご連絡ください。当財団から折り返しご連絡させていだきます。
また、参加希望日が複数ある場合は、お手数ですが繰り返しお手続きをお願いいたします。
活動内容に関するお問い合わせ・キャンセルは、 ご参加いただく活動日の1週間前までに volunteer@sawakami.org までご連絡ください。

募集は締め切りました

経済ゲーム「未来は自分でつくる」|愛知サマセミ7月16日

経済ゲーム「未来は自分でつくる」|愛知サマセミ2018

「経済は遠い存在で複雑」じゃなく、「経済って身近なもの!」と学生の頃から感じていたら、どんなに視野が広がるでしょうか。経済は、世界と繋がっており、毎日の生活そのもの。そして、人を困らせるためでなく、人が幸せに暮すために生まれたものです。

このゲームは、「経済」を自分事として体感し、「経済・社会」や「お金」に向き合うカードゲームです。

経済の知識・情報を学ぶ時間ではありません。
知識や情報は学んでも、「どう関わるか?」を学ぶ機会はほとんどありません。
お金を介したコミュニケーションにより、お金や経済について、五感で考える時間を作りたいと思っています。

この時間は、「個と全体」に焦点を当て、「限りあるモノをどう活かすか?」、「お金に意思をのせる」ということを考える時間にしたいと思います。

こんな方はぜひ!

・「経済」ってむずかしそう、でも興味がある。
・楽しみながら「経済」を知りたい。
・一方的に話しを聞くより、手を動かしながら考えたい。
・自分、お金、経済とじっくり向き合いたい。
・もう一度、経済ゲームを体験して、いろいろ考えてみたい。
・一度、経済ゲームを体験したい!
・カードゲーム大好き。

2016年にご参加くださった皆さまも、よろしければ、また是非ご参加ください!また、初めての皆様も、是非ご参加ください。一緒に、ワイワイ楽しんで、未来につながる時間にしましょう。お待ちしております!

日時 2018年7月16日(月・祝)  3限13:10-14:30
場所 椙山女学園高校中学 中央館 1階 図書館
http://www.sugiyama-u.ac.jp/high/access/
〒464-0832 名古屋市千種区山添町2丁目2番地 ※「愛知サマーセミナー」の会場です
参加費 無料
持ち物 なし
定員 24名(中高校生以上)
申込 下記お申込みフォームからお申込みください。※ご面倒な場合は当日現地に直接お越しいただいても大丈夫です!

経済ゲーム「未来は自分でつくる!」とは

「一人ひとりの行動が社会・経済をつくり、一つひとつの行動が未来をつくる」を基本概念として生まれたゲーム。(買物ゲームです。)机の上で、小さな経済を再現し、「けいざい」を自分で見て触って動かします。時代や国を超えて変わらない普遍的な経済の本質(相互性と循環性)を体験し、お金を得ること・使うこと、働くこと、社会と自分などを見つめ、長期的思考を鍛えます。

お申込みフォーム

お申込みは締め切りました。

「けいざいごっこ」であそびましょ!|尼崎サマセミ8月4日

「けいざいごっこ」であそびましょ!|尼崎サマセミ2018

「けいざい」を楽しみたい人、大集合!
経済は、食べたり、寝たりすることと同じくらい、みんなが関わっている、身近なモノ。毎日の生活そのもの。人が幸せに暮すためにうまれたものです。

書いたり覚えたりしません。知識や情報の学びはありません。
「なにを感じ、自分はどうするのかな?相手は?みんなは?」
「その時、自分は何をみているのかな?自分とみんな?今と未来?」

視野の変化を意識しながら、カードゲーム(経済ゲーム「未来は自分でつくる!」)で、リアルけいざいでは出来ないことを、自由にためしましょ!

こんな方はぜひ!

  • 「経済」ってむずかしそう、でも興味あるよ。
  • 一方的に話しを聞くより、自分で動いて考えたい。
  • 自分、お金、経済と向き合いたい。
  • もう一度、経済ゲームを体験したい。
  • 一度、経済ゲームを体験したい!
  • カードゲーム大好き。楽しみたい!

以前、ご参加くださった皆さまも、よろしければ、また是非ご参加ください!また、初めての皆様も、是非ご参加ください。一緒に、ワイワイ楽しんで、未来につながる時間にしましょう。お待ちしております!

日時 2018年8月4日(土)  5限14:50-15:40
場所 市立尼崎双星高等学校 教室326
http://www.ama-net.ed.jp/school/H06/14_access/access_map.html
兵庫県尼崎市口田中2-8-1
参加費 無料
持ち物 なし
定員 24名(小さなお子さんは親御さんとご一緒にご参加ください)
申込 下記お申込みフォームからお申込みください。※ご面倒な場合は当日現地に直接お越しいただいても大丈夫です!

経済ゲーム「未来は自分でつくる!」とは

「一人ひとりの行動が社会・経済をつくり、一つひとつの行動が未来をつくる」を基本概念として生まれたゲーム。(買物ゲームです。)机の上で、小さな経済を再現し、「けいざい」を自分で見て触って動かします。時代や国を超えて変わらない普遍的な経済の本質(相互性と循環性)を体験し、お金を得ること・使うこと、働くこと、社会と自分などを見つめ、長期的思考を鍛えます。今回は、全体の中の個を意識して、「分業」「資源の最適分配」をどう考えるかゲームをしていきます。

お申込みフォーム

お申込みは締め切りました。

\ さわかみ財団の活動をシェア /

メールマガジンに今日 登録しましょう

さわかみ一般財団法人の活動報告や「より良い社会」「もっと面白い世の中」に気づける情報をメールマガジンで配信しています(不定期配信)。ぜひ、ご登録ください。