メニューを開く

熊野古道修繕|2019年4月13日(土)

熊野古道修繕活動を実施しました。
約2トンの土を小分けにし、ひとり4~6キロの土を雨や風で崩れた道を修繕していきます。
重機などが通れない小さな道に撒き、タコと呼ばれる木槌のような道具で固めていきます。

今回は丸太を使って階段も修繕しました。
参加者からは『すれ違う観光客の方々に「ありがとう」「がんばって」と声をかけられるのが本当に嬉しかった』という感想もあり、充実した修繕活動ができました。

友ヶ島の清掃活動|2019年4月12日(金)

友ヶ島の清掃活動を実施しました。

和歌山市の加太港から船に乗って約15分で友ヶ島に到着。

45リットルのゴミ袋、約30袋の漂着ゴミを清掃。
漂着ゴミは、日々海岸に流れ着くので拾っても拾ってもゴミは海岸に溜まっていきます。

海に捨てられたゴミだけではなく、川から流れるものや風に飛ばされて海に落ちたゴミなどがほとんどで、友ヶ島で捨てられたゴミではありません。友ヶ島の自然を取り戻す活動を通して、自分たちが捨てているゴミへの意識が高まり、自然に還ることができない「ゴミ問題」を参加者それぞれが感じたのではないでしょうか。

漂着ゴミの多さに驚くのはもちろんですが、美しい海と景観に自然と笑みがこぼれ、写真では辛く見える清掃作業も参加者全員が笑顔で活動できました。

いのちの教室 活動報告【4月24日】

4月24日(水)に「いのちの教室」を開催しました。
今回は特別講師として、元サッカー日本代表で 熊本の震災復興支援など幅広い活動をされている巻誠一郎さんがお越しくださいました。

「いのちの教室」は、今回で3回目の開催です。
当日は約40人がご参加くださいました。

前半は、アスリートセーブジャパンさんと巻さんによる「いのちの教室」です。

巻誠一郎さんとAEDを知る

このAED講習では、心肺蘇生トレーニングツール「あっぱくん」が1人に1つ貸出しされます。複数人で共有するのではないためじっくりトレーニングできます。
最初に1人1人で練習し、次に隣りの人とペア―になり実践を想定して練習しました。

皆さん真剣です。

巻誠一郎さん 努力は人を裏切らない

AEDの使い方も学びつつ、巻さんが現役時代に経験した救命の現場などのお話しもあり、この講習の大切さを共有しました。

後半は、巻誠一郎さんのトークイベントです。

質問に答える巻誠一郎さん

サッカー人生を通して経験した巻さんのお話しは多岐にわたりました。
課題にどう向き合うか・困難な時の考え方・いいチームとはなど、年齢や立場関係なく知りたいお話しでした。自分や相手・物事に向き合ってきた巻さんの生き様や考え方に、メモをとりながら皆さん聞き入っていました。

元プロサッカー選手の巻誠一郎さんのトーク

大人ばかりの中、サッカーをしている小学5年生が質問をしてくれました。その流れで、巻さんとサッカーボールのパスをする場面もあり、大いに盛り上がった時間となりました。

「いざという時動けるよう今後も参加したい。」「今まさに聞きたい答えを聞けた。」「勇気をもらった。」と参加者の皆さん同士で大満足の様子を見て、うれしく思いました。終了後も多くの方が会の余韻を楽しんでいらっしゃいました。

巻誠一郎さんありがとうございました

ご参加くださった皆さま、素晴らしいお話をしてくださった巻誠一郎さん、ASJの皆さまありがとうございました!

 

【写真展】Ocean,Human and Earth開催

さわかみ一般財団のオーシャンスポーツ支援の選手の活躍を写真展として掲載します。

「Molokai2Oahu(M2O)」はハワイのモロカイ島から、ホノルルのあるオアフ島まで、約32マイル(約51km)の海峡を漕ぎ渡るという競技。大きなサーフボードの上に立ってパドルを操りながら、高速に疾走する時もあれば、荒波や風に抗ってゴールを目指す「M2O」はスピードと持久力、そして高い海洋航海技術が求められるということもあり「世界一過酷な海峡横断レース」と言われています。
2018年、ひとりの女性が日本人ではじめてこの大会に挑みました。
上村 真央さんはライフセービングの全国大会やパドルボード大会で国内・海外で活躍する現役オーシャン・アスリートです。
結果、日本人女性初出場にして日本人初優勝。
今回の展示会で彼女が挑んだ世界一過酷な海峡横断レース「M2O」を感じると共に、人と海、人と人のつながりを感じていただけたらと思います。

開催概要

 

イベント名 Ocean,Human and Earth
開催日時 2019年3月14日(木)~3月29日(金)※平日のみ
時間 9:00~16:30※平日のみ
入場 無料
開催場所 東京都千代田区一番町29番地2
さわかみ投信株式会社 1階 カフェスペース
東京メトロ半蔵門線 半蔵門駅下車「4番出口」より徒歩5分
主催 一般財団法人さわかみ財団
株式会社ソーシャルキャピタル・プロダクション
オーシャンスポーツ事業部
URL https://sawakami.org/ocean/

いのちの教室【4月24日開催】

AEDを知る

「1人でも多くの人に心肺蘇生方法を伝えたい」「1人でも多くの人に安全な環境の下、スポーツを楽しんでほしい」「万が一事故が起こっても誰もが冷静に対処できる環境を作りたい」そんな想いで活動している『ATHLETE SAVE JAPAN』より特別講師を招いて「いのちの教室」を開催します。

より多くの方に心肺蘇生法を知ってもらうのはもちろん、アスリートのみなさんから「夢」や「挑戦」について語っていただき、「生きること」について一緒に考える場になればと思います。

・前半:突然死を知り、心肺蘇生法を知る(AED 実技練習)
・後半:特別ゲスト 巻誠一郎さん 講話

【内容】いのちの教室 巻誠一郎さんトークセッション
【会場】さわかみ投信 (2階大会議室)
〒102-0082 東京都千代田区一番町29-2 進興ビル
【日時】4月24日(水) 19時~21時

申込み、詳細はこちら
https://sawakami.org/inochi

いのちの教室

AEDを知る

「1人でも多くの人に心肺蘇生方法を伝えたい」「1人でも多くの人に安全な環境の下、スポーツを楽しんでほしい」「万が一事故が起こっても誰もが冷静に対処できる環境を作りたい」そんな想いで活動している『ATHLETE SAVE JAPAN』より特別講師を招いて「いのちの教室」を開催します。

より多くの方に心肺蘇生法を知ってもらうのはもちろん、アスリートのみなさんから「夢」や「挑戦」について語っていただき、「生きること」について一緒に考える場になればと思います。

・前半:突然死を知り、心肺蘇生法を知る(AED 実技練習)
・後半:特別ゲスト 岩崎恭子さん 講話

【内容】いのちの教室 岩崎恭子さんトークセッション
【会場】さわかみ投信 (2階大会議室)
〒102-0082 東京都千代田区一番町29-2 進興ビル
【日時】2月27日(水) 18時45分~20時半

申込み、詳細はこちら
https://sawakami.org/inochi

お金のさんかく 経済のしかく

机上で経済の動きを再現できる、「経済ゲーム」で人とお金、お金と社会、これからの社会を考える勉強会を開きます。

「金は三欠く(さんかく)にたまる」ということばをご存知でしょうか?
「義理を欠き、人情を欠き、付き合いを欠くとお金はたまる。」というお金持ちを皮肉に思ったことばです。夏目漱石の有名な小説「吾輩は猫である」に登場する実業家の金田氏が唱えた説だと言われています。さて、その「さんかく」に貯めたお金は社会をどう変えていくのでしょうか?
買物でお金を使う時、自分がお金を手放した後、お金はどこにいくのでしょうか?自分が持っているお金も、自分が手放したお金も、一定期間使わなければ劣化するわけでなく、同じお金であることには変わりません。ですが、誰しも自分が所有しなくなった途端、関心が薄れてしまうのではないでしょうか。
お金は、所有者を変え、世界をめぐります。自分が手放したお金が巡り巡って、経済や社会にどう影響を及ぼすのでしょうか。

【タイトル】お金のさんかく 経済のしかく
【日時】2019年 2月20日(水)18:30~20:15
受付18:00 ~
【会場】さわかみ一般財団
進興ビル4F(リフレッシュスペース)
〒102-0082 東京都千代田区一番町29-2

終了しました

ボランティア募集:「友ヶ島 漂着物の清掃」4月12日

漂着物を無くし、島本来の美しい景観を取り戻せ!

紀淡海峡に浮かぶ南国の別天地、友ヶ島は、地ノ島、虎島、神島、沖ノ島の総称名です。沖ノ島には、要塞時代を偲ばせる砲台跡が点在。それらをめぐるハイキングコースも開かれています。一方、沖ノ島には周辺の都市からの多くの漂流物によって景観が損なわれています。もちろん島を訪れた際に残されたゴミもあります。
手つかずであったそれらのゴミを無くし、島を本来の姿に戻していく活動です。

活動日 2019年4月12日(金)
募集期間 2019年2月15日(金)
募集人員 6名 ※募集期間内でも、定員に達した場合は、募集を締め切ります。
集合解散場所 現地集合・現地解散になります。(和歌山県和歌山市加太)
詳細な集合場所・時間等は、お申し込み後に追ってご連絡申し上げます。
活動内容 1.可燃性漂着物・ペットボトル等の改修
参加費用 移動・宿泊・ボランティア保険加入等はご自身で行なっていただきます。自己負担となります事ご承知おきください。
但し、作業当日の昼食・友ヶ島汽船の乗船費用は当財団で負担致します。
活動参加条件および参加規則 ●当財団のボランティア参加規約に同意いただくことを条件とします。
●ボランティア参加者が高校生以下及び18歳未満の場合、必ず事前に保護者から参加同意書を提出してください。
●活動によっては、長時間の車移動、日中野外での活動などを伴います。活動内容を熟慮の上、ご高齢の方、妊娠中の方、疾患のある方、その他、健康に不安のある方は、事前に医師に相談してから、参加してください。また、事前に当財団へ申告をお願いします。
●基本的には、活動日に当財団の指定の場所・時間に集合していただき、ボランティア活動に参加してください。その際、集合・解散場所への往復の交通費は自己負担となります。
●ボランティア活動参加時は、当財団ならびに協力団体のルール・指示を遵守し、責任感、協調性を持ち、進行に協力してください。
●活動時の写真や映像の著作権および肖像権は、基本的には当財団所有となり、広報活動などで使用されることを事前にご確認、ご了承ください。
●活動時に、迷惑行為や損害・不利益、法令及び公序良俗に反する行為、および他の参加者を不快にさせる行為など、当財団がふさわしくないと判断した場合は、即時に活動を中止していただくことがあります。
●活動によって参加条件、規則が変更になる場合があります。
●天候や災害、交通状況など、不慮の事態により、活動直前または開始後に、作業内容や活動が変更・中止になる場合があります。

参加方法(ご興味のある方)

下記フォームにてご連絡ください。当財団から折り返しご連絡させていだきます。
また、参加希望日が複数ある場合は、お手数ですが繰り返しお手続きをお願いいたします。
活動内容に関するお問い合わせ・キャンセルは、 ご参加いただく活動日の1週間前までに volunteer@sawakami.org までご連絡ください。

募集は締め切りました

ボランティア募集:「世界遺産熊野古道の修繕」4月13日

世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の環境保全活動

古来から行われてきた参詣道の道普請、世界遺産でもある熊野古道の修繕・保全活動に参加しませんか?
さわかみ財団では2011年より、この「いにしえの道」の再生・修繕作業に取り組んでいます。
この日本の歴史に司る伝統的な自然保全活動「道普請」。 人力のみで行われる修繕作業は、過酷な作業ではありますが、一日作業を終えた後の充実感はひとしお!

活動日 2019年4月13日(土)
募集期間 2019年2月15日(金)
募集人員 6名 ※募集期間内でも、定員に達した場合は、募集を締め切ります。
集合解散場所 現地集合・現地解散になります。(和歌山県田辺市本宮町)
詳細な集合場所・時間等は、お申し込み後に追ってご連絡申し上げます。
活動内容 1.参詣道の維持補修活動(土入れ、横断溝補修及び清掃)
2.参詣道の清掃活動(ゴミ拾い、枯れ枝及び落ち葉除去)
3.参詣道周辺の環境保全活動(草刈り等)
参加費用 移動・宿泊・ボランティア保険加入等はご自身で行なっていただきます。自己負担となります事ご承知おきください。
但し、作業当日の昼食は当財団で負担致します。
活動参加条件および参加規則 ●当財団のボランティア参加規約に同意いただくことを条件とします。
●ボランティア参加者が高校生以下及び18歳未満の場合、必ず事前に保護者から参加同意書を提出してください。
●活動によっては、長時間の車移動、日中野外での活動などを伴います。活動内容を熟慮の上、ご高齢の方、妊娠中の方、疾患のある方、その他、健康に不安のある方は、事前に医師に相談してから、参加してください。また、事前に当財団へ申告をお願いします。
●基本的には、活動日に当財団の指定の場所・時間に集合していただき、ボランティア活動に参加してください。その際、集合・解散場所への往復の交通費は自己負担となります。
●ボランティア活動参加時は、当財団ならびに協力団体のルール・指示を遵守し、責任感、協調性を持ち、進行に協力してください。
●活動時の写真や映像の著作権および肖像権は、基本的には当財団所有となり、広報活動などで使用されることを事前にご確認、ご了承ください。
●活動時に、迷惑行為や損害・不利益、法令及び公序良俗に反する行為、および他の参加者を不快にさせる行為など、当財団がふさわしくないと判断した場合は、即時に活動を中止していただくことがあります。
●活動によって参加条件、規則が変更になる場合があります。
●天候や災害、交通状況など、不慮の事態により、活動直前または開始後に、作業内容や活動が変更・中止になる場合があります。

参加方法(ご興味のある方)

下記フォームにてご連絡ください。当財団から折り返しご連絡させていだきます。
また、参加希望日が複数ある場合は、お手数ですが繰り返しお手続きをお願いいたします。
活動内容に関するお問い合わせ・キャンセルは、 ご参加いただく活動日の1週間前までに volunteer@sawakami.org までご連絡ください。

募集は締め切りました

ボランティア募集:「友ヶ島 漂着物の清掃」11月9日

漂着物を無くし、島本来の美しい景観を取り戻せ!

紀淡海峡に浮かぶ南国の別天地、友ヶ島は、地ノ島、虎島、神島、沖ノ島の総称名です。沖ノ島には、要塞時代を偲ばせる砲台跡が点在。それらをめぐるハイキングコースも開かれています。一方、沖ノ島には周辺の都市からの多くの漂流物によって景観が損なわれています。もちろん島を訪れた際に残されたゴミもあります。
手つかずであったそれらのゴミを無くし、島を本来の姿に戻していく活動です。

活動日 2018年11月9日(金)
募集期間 それぞれの活動日の1週間前まで
募集人員 6名 ※募集期間内でも、定員に達した場合は、募集を締め切ります。
集合解散場所 現地集合・現地解散になります。(和歌山県和歌山市加太)
詳細な集合場所・時間等は、お申し込み後に追ってご連絡申し上げます。
活動内容 1.可燃性漂着物・ペットボトル等の改修
参加費用 移動・宿泊・ボランティア保険加入等はご自身で行なっていただきます。自己負担となります事ご承知おきください。
但し、作業当日の昼食・友ヶ島汽船の乗船費用は当財団で負担致します。
活動参加条件および参加規則 ●当財団のボランティア参加規約に同意いただくことを条件とします。
●ボランティア参加者が高校生以下及び18歳未満の場合、必ず事前に保護者から参加同意書を提出してください。
●活動によっては、長時間の車移動、日中野外での活動などを伴います。活動内容を熟慮の上、ご高齢の方、妊娠中の方、疾患のある方、その他、健康に不安のある方は、事前に医師に相談してから、参加してください。また、事前に当財団へ申告をお願いします。
●基本的には、活動日に当財団の指定の場所・時間に集合していただき、ボランティア活動に参加してください。その際、集合・解散場所への往復の交通費は自己負担となります。
●ボランティア活動参加時は、当財団ならびに協力団体のルール・指示を遵守し、責任感、協調性を持ち、進行に協力してください。
●活動時の写真や映像の著作権および肖像権は、基本的には当財団所有となり、広報活動などで使用されることを事前にご確認、ご了承ください。
●活動時に、迷惑行為や損害・不利益、法令及び公序良俗に反する行為、および他の参加者を不快にさせる行為など、当財団がふさわしくないと判断した場合は、即時に活動を中止していただくことがあります。
●活動によって参加条件、規則が変更になる場合があります。
●天候や災害、交通状況など、不慮の事態により、活動直前または開始後に、作業内容や活動が変更・中止になる場合があります。

参加方法(ご興味のある方)

下記フォームにてご連絡ください。当財団から折り返しご連絡させていだきます。
また、参加希望日が複数ある場合は、お手数ですが繰り返しお手続きをお願いいたします。
活動内容に関するお問い合わせ・キャンセルは、 ご参加いただく活動日の1週間前までに volunteer@sawakami.org までご連絡ください。

募集は締め切りました

\ さわかみ財団の活動をシェア /

メールマガジンに今日 登録しましょう

さわかみ財団の活動報告や「より良い社会」「もっと面白い世の中」に気づける情報をメールマガジンで配信しています(不定期配信)。ぜひ、ご登録ください。