農地の有効利用と継続性!

少子高齢過疎化だけではなく、農業人口の減少、安全で美味しい食品を求める消費者、持続可能な少量供給も議論の対象に。
当財団では、農地継承されず、遊休農地・耕作放棄地となってしまった土地を開墾し、再生しつつヴィレッジでの活用ノウハウの習得を目指します。
開墾から収穫、そして新規参入希望者の相談や研修、農業体験の受け入れに至るまでをサポートし、有機無農薬野菜を武器に、農業大国日本の再生へ寄与します。