メニューを開く
海と人と、大地

「Molokai2Oahu(M2O)」はハワイのモロカイ島から、ホノルルのあるオアフ島まで、約32マイル(約51km)の海峡を漕ぎ渡るという競技。大きなサーフボードの上に立ってパドルを操りながら、高速に疾走する時もあれば、荒波や風に抗ってゴールを目指す「M2O」はスピードと持久力、そして高い海洋航海技術が求められるということもあり「世界一過酷な海峡横断レース」と言われています。

2018年、ひとりの女性が日本人ではじめてこの大会に挑みました。

上村 真央さんはライフセービングの全国大会やパドルボード大会で国内・海外で活躍する現役オーシャン・アスリートです。

結果、日本人女性初出場にして日本人初優勝

今回の展示会で彼女が挑んだ世界一過酷な海峡横断レース「M2O」を感じると共に、人と海、人と人のつながりを感じていただけたらと思います。

「Molokai2Oahu(M2O)」はハワイのモロカイ島から、ホノルルのあるオアフ島まで、約32マイル(約51km)の海峡を漕ぎ渡るという競技。風や潮、波のうねりを考えて、感じて大きなサーフボードの上に立ってパドルを操りながらゴールを目指す「M2O」はスピードと持久力、そして高い海洋航海技術が求められるということもあり「世界一過酷な海峡横断レース」と言われています。
『オーシャンスポーツ』はスピードや持久力だけではありません。
太陽の光の眩しさ、風の強さ・向き、波のうねり。その瞬間の「地球」の変化を感じて、自分の進むコースや方法を変えていく必要があります。さらに、海上では一緒に戦っているライバル選手さえ見えなくなることもあり、まさに「自分との戦い」でもあります。
上村 真央さんはライフセービングの全国大会やパドルボード大会で国内・海外で活躍する現役オーシャン・アスリートです。
日本人女性初出場にして日本人初の優勝という快挙を残した彼女の挑戦を、より多くの人に知ってもらい、海と人をつなぐ「オーシャンアスリート」の存在をもっと身近に感じていただくために展示会を企画しました。

上村選手

上村 真央 Mao Kamimura

1989年12月12日生まれ。新潟雪国生まれ育ち。オーシャンアスリートとしてライフセービングの全国大会やパドルボード海峡横断レース 国内外で活動中。現在は沖縄を活動拠点としている。

【2018 Molokai 2 Oahu would championships】
12ft Prone Paddlle board champion初出場
(Stockエリート部門優勝 総合5位)
–日本人Stockソロ初出場.
–エリート部門 優勝(日本人初)

【2016ISA World Prone paddle board &SUP championships (ISA世界大会)】
Prone paddle board日本代表(女性初)
/technical race 7th.distance race 8th

【2014〜2016ライフセービング全日本(種目別含め)】
Board race 優勝 × 4

開催日時

展示場所 :
東京都千代田区一番町29番地2
さわかみ投信株式会社 1階 カフェスペース
東京メトロ半蔵門線 半蔵門駅下車「4番出口」より徒歩5分

主催 :
さわかみ一般財団法人
株式会社ソーシャルキャピタル・プロダクション オーシャンスポーツ事業部

お問い合わせ
株式会社ソーシャルキャピタル・プロダクション オーシャンスポーツ事業部
03-6380-9994(受付時間:平日10:00~17:00まで 土日祝休)

OCEAN

オーシャンアスリートの写真展をあなたのお店で

オーシャンスポーツ写真展をあなたのお店・会社で

オーシャンスポーツ支援活動写真展をあなたのお店や会社、イベントスペースで開催しませんか?
さわかみ財団ではオーシャンスポーツを広く世の中に広める活動に共感いただいた企業様に写真パネルのレンタルを実施しています。

海や自然を愛し、そこで活躍するオーシャンアスリートたちの躍動感あふれる写真展のへのお問い合わせはこちらからご相談ください。みなさんと一緒にオーシャンアスリートを応援していきましょう!

\ さわかみ財団の活動をシェア /

メールマガジンに今日 登録しましょう

さわかみ一般財団法人の活動報告や「より良い社会」「もっと面白い世の中」に気づける情報をメールマガジンで配信しています(不定期配信)。ぜひ、ご登録ください。