“より良い世の中づくりを”

『より良い世の中づくり』を謳い、『どんな世の中を次世代へ残していけるか』を徹底的に考え、『心豊かに生活できる社会の実現』を目指し、経済的自立を背景に『品格ある美しい生き方を模索』します。人としての優しさと思いやりに溢れた空間を広め、次世代が憧れを抱ける社会の構築と、永続的な社会の実現に向けて、公益活動の向上と社会貢献の力を大いに発揮する契機をつくっていく事を使命とします。

財団概要 》

“101年プロジェクト”

“101年プロジェクト”は当財団における様々なプロジェクトの総称。100年、101年…と挑戦し続ける想いから名付けたものです。 各プロジェクトは、「自然環境」「農林漁業」「地域風土」「歴史文化」「技術研究」「子供教育」により形成され、地域に根付いた活動を展開します。 加えて、各プロジェクトにおいて地域社会との「協力連携」を図り、発展させていきます。

プロジェクト一覧 》

子どもが学びたい経済と投資

経済や投資は、特別なものではありません。 食べること、ねることと同じくらい毎日していること。 人の暮しの中に経済があり、人が生きることの中に投資があります。大人になってから経済や投資に向き合う前に、楽しみながらそれらを感じよう。そして「分からない」「難しい」を超えていこう。

活動紹介 》

世界遺産「熊野古道」の保全活動

紀伊山地の深淵な山並みに抱かれ、 自然と人との営みが一体となった 文化的景観が色濃く残る熊野古道。 再生の地と信仰されてきた熊野へ至る祈りの道として、 今でも地域の中で生き続けています。『伊勢へ七度、熊野へ三度』伊勢参りを済ませた旅人の多くが熊野詣や西国巡礼へ向かった街道でしたが、天災等の様々な事情によって安全に通行する事ができなくなってしまった『いにしえの道』を再生させる為に保全活動を行ないます。※活動支援(ボランティア参加)をお願いしております。

活動紹介 》